ドローンラボ PIVOT

プログラミング教室(ピボット)

ドローンラボ PIVOTとは?

ドローン×プログラミング

政府が打ち出している「Society5.0(科学技術政策)」の主軸の1つにドローンの活用があります。
ドローンが、「物流」や「インフラ点検」「農林水産」などの分野で、人手不足から起こる社会問題を解決する助けになると考えられています。

Society5.0 とは?

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。


PIVOTでは、人工知能、ロボット、IoTなどのイノベーションを実現できる力を、ドローンを使ったプログラミングを通して育んでいきます。

学びのなかの遊び
Learning for Fun!

子どもが自主的に、自分のしたいように、自分のペースで“遊べる/学べる”環境を作ることを目的としています。
自発的に“やりたい”と思える遊びに夢中になり、試行錯誤をすることで、協調性ややる気、忍耐力などの能力を身につけていくことが重要であり、それらが将来、勉強や仕事などに対する意欲を高めることに繋がっていくと考えています。
成長の発見を繰り返すことで、次の学びへの動機が生まれていきます。

教室というよりもサロンのような雰囲気で、子どもたちも楽しみながらリラックスして学べる空間となっています。PIVOTのドローン&プログラミングを体験してください。

Have fun! Go Fly a Drone!!

これから開催予定のワークショップ